注文住宅を建てる際に

エレベーターのボタン

注文住宅の仕事は、まずは業者の広告や宣伝を見た依頼者からの問い合わせを受けて、営業担当者が対応することである。そこで施主の大まかな希望や予算を聞き入れて、設計担当者に伝えるのです。 ただ、実際には施主の意向どおりにすべてが進行するわけにはならない。敷地の場所や、どのような形質かによって施主の希望が通らない場合も多いのである。営業段階で、施主にある程度の取捨選択を迫ることが要求されるのである。それが費用面であったり、設備面であったり、仕様面であったりと多種多様である。 その際には、専門家である設計担当者との連携は欠かせないです。注文住宅の企画設計は、依頼者と営業マン、そして設計担当者の連携が必要不可欠なのである。

依頼者は、注文住宅をひとつの業者だけに依頼するとは限らず、複数の業者に費用等の額を問い合わせて、両者から見積りを取ることも少なくないのです。他社と競合したときに、依頼者の判断材料になるのは見積りだけではなく、営業担当者の人柄が判断材料になる場合や、それ以上に企画の中身や設計の良し悪しがものをいうこともあるのである。 大手の住宅メーカーになると、まったく白紙の状態から設計を開始することはしません。施主から要望を聞く時点で、すでに大まかな仕様や設計についてのいくつかのプランが出来上がっている場合がほとんどです。そのパターンの中から施主の要望や条件に見合ったものを選択して、施主に勧めることになるのです。そして細かな部部を調整していくのです。 また、中小の業者である工務店に注文住宅を依頼する場合には、大手住宅メーカーのように特定のパターンはなくても、工事の内容や利用する資材について得手、不得手があり、制限されることがあるのです。